Nigel Cabourn Woman/Mechanic's Cap-8.0 Oz Japanese Denim(LYBRO)

ヴィンテージクロージングのコレクターとしても名高いNigel CabournをディレクターとしてEmilie Casiezがデザインを手掛けるNigel Cabourn Woman。時代やトレンドに流されることのないデザイン、厳選されたオリジナル生地、付属を使用し縫製やディテールにも拘ったハイクオリティなアイテムを生産。仕事を持つ女性そのものが珍しかった時代に自ら信念を持ち強く駆け抜けた報道写真家のゲルダ・タローに感銘を受け、今という時代を生きている自分達もそうである、またそういった信念を持っている、持ちたいという女性に着てもらえる様に、という願いがデザインに込められています。タフであるが決してハードではない、フェミニンではあるが決してもろくないをコンセプトに生み出される独自のコレクション。ミリタリーデザインを女性らしいラインに落とし込んだ、メンズライクでありながらも美しいシルエットと計算されつくしたデザインが特徴のレディースブランドです。

ワークウェアをベースにしたライン、LYBRO。Lybroは元々1927年に創立したイギリス、リバプールのブランドで第2次世界大戦中やその後の1960年代まで労働者向けのワークウェアを生産していました。その後ブランドは消滅してしまいましたが若い頃に着用し思い入れのあったNigel Cabournがブランド商標を獲得し、2015F/Wより新たにワークウェアベースのラインとしてスタートしました。メインライン同様に生地や付属品はヨーロッパや日本から厳選されたものを使用しています。

デザイナーNigel Cabourn氏のアイコンであるMechanic's Cap。アメリカで生まれたキャップの中で最も知られていると言っても過言ではないベーシックなデザイン。元々1900年代にアメリカのベースボール選手によって着用されその後米軍によっても着用されました。6パネル仕様で丸みを帯びた広めのツバが特徴。バックスナップでアジャスト可能のシンプルな仕立ても魅力的です。8.0ozの国産デニム生地を使用。ハリがありながらも柔らかな素材感で使い込む程に雰囲気も増します。ユニセックス、シーズンレスでお使い頂けます。内径約56〜59cm。


Cotton 100%


Made In China
販売価格 6,000円(税抜)
購入数

 One Size
Indigo

FEATURED

  • ABOUT US

    世の潮流とは良い距離感を保ちつつ、これからの時代を担い今後定番になっていくであろうブランドを集約した「New Standard」を永遠のテーマに掲げ、緩やかな空気が流れる閑静な住宅街、名古屋市千種区東山にて2009年10月に創業しました。直接アトリエを訪ねデザイナーに会い、生産背景を自身の目で見て、触れて、感じたものを素直に、自由に提案しています。