A.G.SPALDING/Side Line Parka-Top Grey

1876年アメリカ、シカゴで創業したA.G. SPALDING & Brothers。当時としては最先端の技術とアイディアを持ち合わせ、ベースボールを始めとしたアメリカンスポーツを根底から支え、アスレチックウェア界を牽引してきたパイオニアブランド。1920年代は世界でまだウール素材が主流であった中、吸収性や耐久性、伸縮性の高いコットンをウェアに用いる等、独自の素材やディテール、作りの良さから数々の名品を生み出し、Vintageの中でも常に高い評価を受け続けているブランドです。時代と共に消えてしまったA.G. SPALDINGが日本で復活し、オリジナルデザイン、ディテールを再現したプロダクトを展開していきます。

1930年代に生産されていたA.G.SPALDINGの代表的なアイテムでもあるSide Line Parka。通称ボクシンググローブポケットと呼ばれる独特の形状をしたポケットが付いたスウェットパーカーです。当時のArchiveを元に忠実に再現し、より現代に合ったシングル仕様に仕立てています。カタログに記載されているアイテム名もそのままに、Side Line Parkaと名付けられています。上質な和歌山産の吊裏毛を使用しふっくらとした柔らかな優しい着心地。丸胴ボディ、裾袖リブもシームの無い締め付けの無いフィットの良さは抜群です。グローブポケット、ロック仕立てのフード、クロスネック等、特徴的なディテールをしっかりと落とし込んだ現代版A.G.SPALDING。雰囲気を損なう事の無い程よくゆったりとしたシルエットです。しっかりと厚みがあり裏起毛の暖かなスウェットパーカーです。White、Top Grey、Blackの3色展開。サイズ等ご不明な点はお気軽にお問合せ下さいませ。

180cm、70kgでMを着用。


▶サイズリスト(cm)
サイズ身幅着丈肩幅袖丈
S55665555
M58695758



Cotton 100%


Made In Japan
販売価格 25,000円(税抜)
購入数

 SM
Top Grey
25,000円(税抜)
SOLD OUT

FEATURED

  • ABOUT US

    世の潮流とは良い距離感を保ちつつ、これからの時代を担い今後定番になっていくであろうブランドを集約した「New Standard」を永遠のテーマに掲げ、緩やかな空気が流れる閑静な住宅街、名古屋市千種区東山にて2009年10月に創業しました。直接アトリエを訪ねデザイナーに会い、生産背景を自身の目で見て、触れて、感じたものを素直に、自由に提案しています。